茨城県つくば市、土浦市、牛久市から、浮気調査の証拠収集、信用調査を秘密厳守、早期調査で素早く解決します。

つくば探偵事務所
お問い合わせご相談窓口<24時間受付>フリーダイヤル0120-34-1688
災害時に助かるために
2017.07.24

秋田県の佐竹敬久(のりひさ)知事は、大雨を受けて開かれた23日午前の県の緊急会議を欠席した。県によると、佐竹知事は22日朝から私用で友人と宮城県大崎市に出掛け、同日夜になって秋田県内に避難指示などの災害情報が出ていたことを知ったが、すでに飲酒していたため、宮城県内にとどまったという。

23日早朝に秋田県の担当者と連絡を取り、昼前に緊急の連絡会議を開くよう指示。自身も車で向かったが、同県大仙市内で国道が通行止めになっており、間に合わなかったという。

県秘書課は「副知事や部局長らを集めて午後1時過ぎに本庁で報告を受け、その後の指示を出したので問題なかったと思っている」としている。県内では、前日の22日午前に能代市などに避難準備の情報が出ていたほか、同日夕には美郷(みさと)町に避難指示が出ていた。

佐竹知事は23日夜、読売新聞の取材に対し、「今から考えると、22日の夜早めにタクシーで秋田に戻ればよく、見通しが甘かった。会議に欠席したのは自分の責任だ」と話した。

読売新聞さんより

 

地震や水害、生き延びるには

安全な地域に住む

日頃の備え

自然災害補償付きの保険の加入

など、ありますが

 

秋田県の知事さんのように

危ない事、面倒なことを部下、他人まかせだと

ある意味安全です

 

「たとえ火の中、水の中」とありますが

私はこう読んでます

「たとえ火のそば、水のそば」

 

危ないものにかかわらなければ

害がない

 

でも、警察官さんや公務員さんが

「たとえ火のそば、水のそば」もあるので

自分自身で日頃の備えが大事です

 

知事さんがお酒を飲んでる余裕が理解できないな~

やはり、平和の時はいいですが、緊急時には

頼れる人でないと

 

 

茨城県つくば市の、つくば探偵事務所